マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

リメイク・リユースを楽しもう

タオル2枚で何を作ろう

3・11以来、それまでの大量消費と使い捨ての暮らしは、どこかへ行ってしまいました。もったいないという言葉もよく聞こえてくるようになりました。でも倹約・節約だけでは多分息が詰まってきてしまいます。このコーナーでは、もったいない精神を生かしつつ、暮らしに彩りを添える、そんなリメイク・リユースをご紹介していきたいと思います。


今回はフェイスタオルを使います。タオルは何枚あっても無駄にはなりませんが、反面頂き物などで眠っているものの代表選手かもしれません。幼稚園や地域のバザーなどでは、タオルがたくさん提供されるようです。

手触りのいい布地ですし、端がきちんと始末されているのでリメイクには最適です。さらに柔らかくて針が通りやすく手縫いにも向いています。いろいろに工夫のできるものです。そこで今回はエプロンに変身させてみました。

キッチンでエプロン代わりにタオルをスカートやズボンのウエストに挟んだことはありませんか。布の端で手を拭くこともできてなかなか重宝です。でもそれではちょっとスマートではありません。フェイスタオルを2枚ボタンで留めて、カフェスタイルのエプロン、というのはいかがでしょう。

用意するのは、フェイスタオル2枚とボタン、それと太めのゴム少々です。

 

まず、2枚のタオルの端から20cmくらいのところを合わせてしっかりボタンで留めます。

どんなボタンでも、縫い止めるだけでもいいのですが、お気に入りのかわいいボタンなら、きっとキッチンに立つのが楽しくなるはずです。

 

反対側は、ご自分のウエストの寸法に合わせて、こちらは1枚ずつ、ボタンを付けます。さらに太めのゴムを輪にして、片方のボタンに留めつけます。これだけで出来上がり。

 

タオルをくるりとウエストに巻いて、後ろのボタンにゴムの輪をかければ、カフェ風エプロンの完成です。端の部分がゆらりと揺れてかわいいし、もちろん手ふきタオルにもなります。

 

今回は白のタオルでしたが、柄物や、前・後ろが色違いというのも楽しいでしょう。また、エプロンのつもりでしたが、肩にかけてみたら軽い肩掛けとして冷房よけにもなりそうです。色や柄をかえてお楽しみください。

 


  (糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)