マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

リメイク・リユースを楽しもう

ネクタイが眼鏡ホルダーに変身

どちらのお宅にも使わなくなったネクタイが何本かしまわれているのではないでしょうか。お気に入りだったけど派手になった、流行遅れになった、ネクタイそのものを締めなくなった…。けれど、記念日のプレゼントだったり、高価だったり、思い出があったり、捨てるのはなんとなくもったいない気がする、という方が多いようです。そんな思い出のネクタイを思いきって、変身させてみました。


実は、ネクタイのリメイクにはひとつの思い出があります。今からもう30年以上も前のこと、初めて行ったニューヨークのオペラハウスでの幕間のひととき。金髪の若い女の子が何本ものネクタイをつないで円形のスカートにしたドレスを着ていたのです。少し地味な色柄が多いけれど、色とりどりのネクタイをつないだリメイクドレスの目立ったこと! 最新ファッションにも十分に勝って、輝いていました。


今回は、ネクタイ2本を使って眼鏡ホルダーをつくります。リメイクのポイントは、何よりもネクタイの選び方にあります。表裏のバランスを考えて2本を選び、組み合わせていきます。


細めのネクタイは裏をほどいて広げ、太い側から25cmくらいのところで切ります。
同様に切った2本を中表で合わせ、袋状に縫います。先端はネクタイらしく三角にするといいでしょう


 

その後、ひっくり返して表にします。幅の広いネクタイなら裏をほどかず、口になる部分を切って、2本を外表でかがり合わせてもOKです。
次に、口の部分を折り返してかがりますが、ネクタイはバイヤス生地で出来ていますから、伸び止めに口の部分の裏に当て布をしておくといいでしょう。
仕立てたら、下げるための紐をつけます。ネクタイの細いほうを使って、かがりどめでつなげても面白いし、細い紐を止めつけてもいいでしょう。飾りボタンをアクセントに仕上げました。上質のシルク製のホルダーは、胸に下げれば眼鏡を優しく納められます。


 

  (糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)