マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

野菜をたっぷり食べる

煮込み野菜の三段活用

野菜を数種類、合わせて煮ておき、調味料を足しながら、何回かに分けて違う料理に変化させていくと便利です。たとえば、まずはそのまま煮物や温野菜として。次にスープとして。さらに残ったら、カレールーを割り入れて。残さずおいしく食べきりましょう。


材料
 

根菜まはた葉物野菜を2〜4種類を組み合わせる。
根菜類・・・ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、レンコン、大根、サトイモ、ゴボウなど
葉物類・・・キャベツ、もやし、白菜など

 


作り方のポイント
  ・味付けは、あとで調味料を足していけるように、薄めに。
・最初から、くたくたに煮すぎない。
・スープ(汁物)にする際に加える水は、ブイヨンでも、ダシでもお好みで。
 

◆基本の根菜煮物
 

★材料:
ジャガイモ中3〜4個、ニンジン小1本、玉ねぎ小1個、大根4分の1本、塩小さじ2分の1

★作り方:

  • 皮をむき一口大に切る。塩を入れる
  • 鍋に入れ、材料の半分強がかぶるくらいの水を入れる。
  • フタをして、中火にかけて、7〜10分。ジャガイモに火が通ればできあがり。水が残っていたら捨てる。
いただきます:
そのまま温野菜として。お好みで、マヨネーズ、ゴマだれ、ゆずコショウなどをつけて。
 

◆基本の葉物類の蒸し煮
 

★材料:
キャベツ3〜4枚、もやし1袋、塩小さじ3分の1

★作り方:

  • 鍋に、もやし、ざく切りのキャベツを入れ、塩をふる。生でも食べられるニンジンや玉ねぎなどの根菜少々を加えてもよい。
  • フタをして、中火にかけて、5〜8分、蒸し煮をする。
  • 焦げてきたら、上下を返す。
いただきます:
そのまま。ポン酢や中華ドレッシングなどをかけても。
 


次はスープ(ダシ汁)に材料を入れて、スープに変化
 
  • 根菜の煮物でも、葉物の蒸し煮からでも応用できます。
  • オイスターソースとしょうゆ、ごま油を加えれば中華風。片栗粉でとろみをつけても。
  • 牛肉(または豚肉)、コチジャン、しょうゆ、コショウを加えて韓国風。溶き卵を加えても。
  • トマト(または野菜)ジュース1缶と同量の水を加え、仕上げにパセリやバジルを。
  • 味噌と豚肉を入れ、豚汁ふうに。
 


さらにカレーに変化
 
  • スープの中に、好みのカレールーやシチュールーを割り入れます。
  • 材料を適当な大きさに小さく切ると違った風味に。
  • うどんを入れると、身体が温まります。
 


(料理人見習:小野絢子)