マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

ブキッチョさんのためのお手軽クラフト

「切り紙遊び」はいかが?

紙を折ってハサミでチョキチョキ切っていくだけで……思いもかけない形や模様が生まれる切り紙。折り紙や画用紙を手に、折ったり切ったりしていると、小さな頃の懐かしい時間が戻ってきます。

「切り紙遊び」は昔から世界中で親しまれてきたお馴染みのクラフトです。中国の切り紙飾りや北欧のモビールなど、日本以外の国でも様々に楽しまれています。

こだわらずに自由にハサミを入れればいいのですが、今回ご紹介する切り紙は、まず紙をいくつかに折ってからハサミやカッターで切る方法で作ります。

切った後で紙を広げると、どんな模様が出て来るか、繰り返し模様の面白さがポイントです。紙を二つ折り、四つ折り、八つ折りなど、ジャバラに折っておくと、広げた時に自分でも驚くような効果が出てきたりします。



 

用意する紙は飾ることを考えて、少し厚さが欲しいので画用紙がいいでしょう。白でなく色画用紙も効果的です。また買い物の時にもらう紙袋の紙を使っても面白いものができます。使用するのはハサミですが、細かいところを切るにはカッターも便利です。

 

 

雪だるまの切り紙の作り方をご紹介しましょう。
まず、白い画用紙を10cm×30cmくらい用意し、四つにジャバラに折っていきます。一番上の紙に雪だるまの形を鉛筆で下書きします。後で消しゴムで消せるので、好きな形に描いてください。描き方のポイントとしては、ジャバラの折り山の部分をどこか繋げておくこと。繋げずに切り落としてしまうと広げた時にバラバラになってしまいます。

 
   

 

写真の雪だるまでは、だるまさんの手と地面で繋げています。

 
   

 

他にも模様は自由、天使や鳥、木々や花など、本や写真、絵などを参考にいろいろ試して。折り方、紙の大きさも色も厚さも、折る数も自由です。紙とハサミさえあれば楽しい世界がどんどん広がります。

 
   

 

額に入れたのは、高層ビルの風景。使った紙はショップの紙袋から、模様の部分を活かしました。文字が入っていてもOK。切って広げてみると思いがけずに面白いものになったりします。

 
   

 

お部屋のアクセントとしてサイドテーブルに飾ったり、壁にピンナップしたり、時にはカードとして、親しい人に雪だるまのお便りを届けても楽しいでしょう。

 
   


(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)