マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

ブキッチョさんのためのお手軽クラフト

「虫食いセーターをリメイク!」

クローゼットにしまったままの厚手のセーターに大きな虫食い穴をいくつも発見、というとき。

しかも目立つ前身ごろであれば、糸でかがって留めてもやはり目立ってしまいます。

そこで、これをリメイク。

新しいデザインにトライしてみましょう。


まず穴の位置の確認をします。その箇所を利用してボタンなどでセーターに新しいデザインをしていくのです。

大きめな穴には大きなボタンを、さらに穴が開いてなくてもデザインのアクセントとして好みの箇所にもボタンを置いてみます。

自由にアクセントをつけて置いていくと、楽しいセーターが誕生します。

次に大きい穴も小さい穴も、糸ですくい綴じをしながら開いている所を綴じていきます。

ボタンで隠す予定ですので、綴じ目はそんなにきれいにできなくてもOK。


ボタンはお好みで、大きめのものをブローチのようにつけたり、小さなものをいくつかまとめてつけたり、置き方も自由です。

ポイントを決めて、他の箇所にも置いてみます。なにより全体のバランスが大切。

穴の開いていない箇所をうまくデザインに活用してください。

好みのボタンが見つからなかったら・・・布で作れる「クルミボタン」を紹介しましょう。

好きな布を選んで、ボタンの直径の1.5倍ほどの円に切り取ります

。周りを糸でぐし縫いしてボタンを中に入れて縫い、ぎゅっと締めてから結び留めればできあがり。

薄手の布ならウールでも木綿でもなんでも大丈夫です。中に入れるボタンは色も模様も関係ないので大きさで選びます。

布のクルミボタンはあくまで飾り用です。穴開きセーターのリメイク以外にも、シャツの襟元につけたりブローチの用に楽しんだりするのもオススメです。

今回はもうひとつ、原毛フェルトで作ったウールのボタン(?)をつけてみました。

これは原毛を固く丸めて原毛用の針で模様をつけたもの。白色や黒色の原毛にチクチクと専用の針で模様をつけました。少々手がかかりますが、いくつも作ると、小さなマカロンみたいでたのしいです。
とはいえ、ウールのセーターやマフラーは寒さが遠のいたら、虫食いにならないよう、丁寧に洗濯してきちんとしまっておくのが一番です。
(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)