マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

素材をたのしむ料理

大根1本を使い切る

気温が寒くなってくると、おいしくなる大根。栄養分はビタミン類が豊富で、消化を助ける働きがあります。
1本を丸ごと、軽く火を通したり、生で下味をつけるなど、下ごしらえをしておきましょう。いろいろな料理に繰り回して使えば、時短になり便利、しかもおトクです。


大根の保存法

根の水分を吸い取って「す」が入る原因になるので、買ったらすぐに葉の根元から切り落とします。
使い切れなかった分は、ラップでしっかりくるみ、できれば立てて、冷蔵庫で保存します。

定番をおいしく

◎大根サラダのレモン風味

シャキシャキとみずみずしい歯ざわりがうれしいサラダ。さわやかな味で、どんなメニューとも相性がいい。オイル類を手でなじませると、少ない量で、全体にいきわたります。

★材料:
大根 3分の1本(辛味の少ない、葉に近いほうを)
オリーブオイル 大さじ1〜2
レモン 2分の1個
塩 2つまみ
★作り方:

大根をスライサーで太めのせん切りにする。塩を混ぜて数分おき、出てきた水気を軽くしぼって、ボールに入れる。オリーブオイルを入れ、手でなじませる。レモン汁をしぼり、手で混ぜる。塩分が少ないようなら塩を少し足す。最後に細く切ったレモンの皮を散らす。

★アレンジ:

マヨネーズであえる。
和風ならしょう油を足す(トッピングはおかか、細ねぎや大根の葉の塩もみなど)。
写真ではお惣菜になるように、缶詰のツナを添えました。

◎簡単ポリポリお漬物

あっという間にできる、箸休めのお漬物。作ってすぐに食べられますが(写真右)、2〜3日たったものも、また格別です。(写真左)
水分がたくさん出てきて、味が薄いと感じたときには、もう一度、薄まった汁気を鍋で煮詰め、大根に回しかけます。

★材料:
大根 3分の1本
調味液(お酢大さじ2、しょう油大さじ2、砂糖大さじ2)
★作り方:

すぐに食べるなら、大根を4つに分けたイチョウ切り。数時間から1日以上おくなら、太さ7〜8ミリの拍子木切りなどに切る。大根をビニール袋に入れて、鍋でひと煮立ちさせた調味液を回しかけ、袋の上から手で軽くもむ。きゅっと空気を抜いて、冷蔵庫で保存する。お好みで、唐辛子、ゴマ油、粉山椒などをかけてもいい。


大根をメイン料理に繰り回す

◎大根のちょっと煮

薄い塩味に大根を煮ておけば、そのままはもちろん、味噌汁、おでんや煮物など、何にでも繰り回しができます。大根の皮をむけば、やわらかな口当たりになります。むかなければ、煮くずれの心配がありません。おいしい煮汁も、すべて使ってください。

★材料:
大根 3分の1本〜2分の1本
塩  2つまみ
昆布 少々(あれば)
★作り方:

大根を1.5〜2cmの厚さの輪切りにする(太ければ、半月やイチョウ切りでもいい)。しっかりフタの閉まる鍋に入れ、水を大根の7分めまで入れる。昆布は一口大にして入れる。フタをして煮立つまで中火。塩を2つまみ入れ、弱火にして8〜10分くらい、まだちょっと固いかな、というくらいまで煮る。または、弱火にして4〜5分で火を止め、古い新聞紙やタオルでくるんで、そのまま冷めるまで置く。

★アレンジ:
ふろふき大根・・・やわらかくなるまでさらに4〜5分煮て、ゴマ味噌(すりゴマ、味噌、煮汁各大さじ2を混ぜたもの)をかける。
大根ステーキ・・・表面に包丁目を入れ、フライパンで水分をとばすようにゆっくりと焼き、仕上げにバターとしょう油をからめる。
豚汁やけんちん汁・・・大根は一口大に切り、人参の薄切り、ゴボウ(冷凍ものでも可)、サトイモ(冷凍ものでも可)を煮汁とともに煮て、味噌で仕上げる。

◎大根と豚肉の韓国風煮物

「大根のちょっと煮」をベースにして、こっくりとした味の煮物が5分ほどででき上がります。ハチミツで照りのよい煮物になり、ご飯がもりもり、食べられます。

★材料:
大根のちょっと煮(大根3分の1本分くらい)
豚肉(ばら肉角切り) 200gくらい(薄切りやこま切れでもいい)
しょう油 大さじ1.5〜2
ハチミツ 大さじ1(砂糖でもいい)
にんにく 少々(なくてもいい)
ゴマ   少々

★作り方:

フライパンで、豚肉をこんがり焼きながら、塩を少々ふる。薄切りなら、重なったまま一口大に切り、できるだけ大きいままに焼く。大根を食べやすい大きさに切って入れ、水分をとばす。しょう油とハチミツ、にんにくのみじん切りを加え、さらに水分をとばすように煮詰める。皿にとり、仕上げにゴマをふりかける。一味唐辛子もあう。

★アレンジ:

大根と肉の割合によって、主菜にも副菜にもなります。肉のかわりに、厚揚げを使えばヘルシーな一品になります。


(料理人見習:小野絢子)