マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

テーブルコーディネートを楽しむためのABC

季節の食卓をカラーコーディネート

食卓のコーディネートに欠かせないポイントとしてあげられるのが、「色使い」です。ファッションの色使いはどなたも気にすると思いますが、食卓の場合はついおざなりになってしまいがちです。でも季節により、行事により、もちろん料理により、たとえ同じような食器を使ったとしても、テーブルの色合いを工夫するだけで、多彩なテーブルコーディネートを工夫することができます。
方法はさまざまですが、色彩を統一したり、反対色を効かせたり、アクセントカラーを上手く取り入れたり、自由に楽しむのが一番です。





色使いで最も効果的なのが、テーブルマットの使い方でしょう。最近はマットを使う方も増えているようで、布やプラスティック、織物、塗りのものなど、さまざまな素材、デザインのものが手に入ります。テーブルの上の多くの面積を占めますので、できれば無地に近いシンプルなものがオススメです。藍色や朱色は日本の食卓にはしっくりなじみますし、和の食器を引き立ててくれます。洋食器にも合わせやすい色です。シックなグレーや黒も、料理の色を引き立てるのに効果的。元気な赤やグリーンも楽しいコーディネートができます。





今回は、季節の色使いを取り入れてみました。クリスマスシーズンの色はもちろん、赤とグリーン。マットはクリスマスカラー、お皿の上には真っ赤なリンゴを一つ。テーブルセンターには、「アドベント」の4本のキャンドルのアレンジを飾りました。いつもあまり食卓に使わない赤がみんなの目を楽しませてくれます。大きなアレンジでなくても、一人一人に小さな可愛いアレンジを用意しても素敵ですし、マットはクラフトペーパーを使っても趣があります。さらに真っ赤なリンゴを飾れば、気分は盛り上がるでしょう。




もう一点は、新年のテーブル、こちらは、日本の色、朱と藍を選びました。器や箸置きは和のものを組み合わせましたが、ここで効果的に用いたのが、和紙の白です。たった一枚の懐紙が、新年の清々しさを演出してくれています。センターには、塗りのお重に菜の花を盛り込みました。そのまま飾っておいてもいいのですが、途中で一度引き上げて、おひたしとして再登場というサプライズはいかがでしょう。また、お茶と菓子のセッティングなら、和紙の便せんを使ってみても話が弾むことでしょう。毎日では大変ですが、暮らしの中の楽しいアクセントとして、遊んでみることをお勧めします。



(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)