マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

テーブルコーディネートを楽しむためのABC

豆皿膳はいかが?

片手の掌にすっぽりおさまるほどの小さな器を、「豆皿」と呼ぶのをご存知ですか。
小皿小鉢と呼んでもいいのですが、小さいことの愛らしさを豆粒にたとえた、昔の人の発想の豊かさが呼び名の中に伝わってきます。和食器は、陶器や磁器、塗りなど、質感も形も色もさまざまですが、特にこの小さな器には、作り手の遊び心や自由な発想が生きています。
もともとは「おてしょう」と呼ばれ、手元に塩や醤油を添えるための器です。丸や角ばかりでなく、木の葉や野菜の形、目出たい鶴や亀などさまざまです。陶磁器の多彩な味わいのある色を楽しむことができ、更に小さいことから黄や朱など強いアクセントカラーを食卓に載せることもできます。
最近この豆皿が器好きの方に注目されていると聞きました。旅先などでのお土産にも求めやすいことから、コレクターが増えてきているようです。

集めて飾るのもいいのですが、器は使うのが神髄。今回は、そうした豆皿だけで膳組をしてみました。小さなものをいろいろと並べるのは、何だか幼い頃のママゴト遊びのようで、心弾むものです。


ひとつは、和食器を組み合わせました。染め付けの小皿、温かい肌合いの志野焼の小鉢、さじの形の九谷焼、更に朱塗りの杯などを並べてみました。実際には、ご自分の手元のものを出してバランスを取ってみてください。これでなければというルールはありません。ただ、すべてひとつずつ違うものを組み合わせるようにします。これに何を盛り付けましょうか。酒のつまみ、御飯のお供、常備采やおひたし、ミニトマトやチーズのひとカケなど豆皿に載るサイズのものを選びます。目移りするのが嬉しいお膳になります。


もうひとつは,洋風の器で組み合わせてみました。こちらでは、デミタスカップやガラス器も活躍します。ワインに合わせてはいかがでしょう。缶詰めのオイルサーディン、オリーブ、サラミなど手軽なおつまみはもちろん、生のカット野菜やナッツ、ちょっと気取ってブルーチーズも。シチューや煮物の残り物を盛り直すのもオススメです。器も中身もさまざまなのが豆皿膳の魅力です。

(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)