マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

インテリア・クラフト入門

ワイヤーアートでおしゃれなコーナー作り

最近、自分の好みを生かした個性的な部屋作りを楽しむ方がふえているようです。手作りのための材料や道具も手に入りやすくなっていますし、100円ショップなどをのぞくと楽しい小物や、インテリアに活用できそうな素材がたくさん並んでいます。専門的な知識や技術がなくてもセンスとアイデア次第で、自分なりのお部屋作りが楽しめます。
そこで、ちょっとだけ個性的な手作りクラフト、目新しい手作りのためのアイデアをご紹介します。今回は、ワイヤーアートに挑戦しましょう。

「ワイヤーってなに?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、工事道具でお馴染みのハリガネのこと。硬くて、先が危険で、女性は日常ではあまり手にしないものですが、手工芸の材料として進化したものがたくさん出ています。手工芸の材料売り場やホームセンターなどをのぞいてみてください。材質もいろいろ、色合いも多彩です。



材料

アルミワイヤー……直径1〜2o。適度な柔らかさがあり、曲げたりねじったりといった作業がしやすい素材です。アーティスティックワイヤーとして、手芸材料店などで売られています。
銅ワイヤー……0.3〜0.8o。適度な柔らかさです。銅色が魅力ですが、時間が経過すると変色します。
真鍮ワイヤー……銅と亜鉛の合金で、銅ワイヤーと同系。真鍮色が洒落ています。
ステンレスワイヤー……0.2〜1.6o。少し硬くて扱いにコツがいりますが、弾力もあり、美しい輝きが魅力です。高級感があり、丁寧に工作すれば、インテリアアート作りにもおすすめです。

道具

道具としては工芸用のハサミ。ワイヤーをカットするので、万能ハサミで大丈夫です。工芸用のニッパーも便利です。
曲げたり、ねじったり、の作業にはペンチ。先にギザギザのないもの、大きさは小ぶりの手芸用のものが使いやすいでしょう。
手先の保護のための軍手も必要です。

作り方

今回は、インテリアートとしてお手軽でしかも効果的なワイヤーメッセージを作ります。アクセサリー用の丸いチョーカーの輪を土台に利用しました。
まず下書きとして、サインペンで紙に描きたいメッセージをくっきりと書きます。チョーカーの輪の中にきれいに収まるようにデザインします。メッセージは「w e l c o m e」。



その文字に沿ってペンチを使ってワイヤーを曲げていくのですが、ワイヤーは、必要と思われる長さより少し余裕を持ってカットします。

最初に先を3cmほど残しておきます。下書きの文字に沿って曲げる先をペンチで挟んで、ゆっくりと丁寧に工作していきます。やり直すことも可能ですが、あまりいじると仕上がりが美しくないので、思い切って曲げていきます。

文字ができたら、チョーカーの輪に、両端をねじり止めます。

 


リボンやタコ糸などでドア飾りにしたり、玄関先の花の鉢にさしかけても洒落ています。
少し慣れてきたら、鳥やハートなど、自由に形作って楽しんでください。

もう一点、ガラスの小瓶にさして使える、メッセージ挟みを作ってみました。ワイヤーをぐるりと丸めて、カードが挟まるようにしました。こんな小さなメッセージが置いてあったら、嬉しいですね。


(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)