マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

インテリア・クラフト入門

『ハーバリウム』ってご存知?

しゃれたインテリアショップのコーナーで、キラキラ光る花の瓶を見かけました。とりどりの花の組み合わせ、彩りで、目を引きます。透明のガラス瓶の中で赤や黄、ピンクなどの花や緑の葉が生き生きと輝いているこの瓶は「ハーバリウム」と呼ばれるもので、もともと植物標本として広く使われてきた手法です。採取した時の植物の色や形を瑞々しく長く保つために、特殊なオイルに詰めるこの手法は、研究室などで用いられてきました。

このハーバリウムが、窓辺や、玄関先のアクセントとして、新たにスポットライトを浴びています。花の色をそのままに何カ月も保ってくれるので、人気が出てきたようです。市販品を手に入れるのもいいし、手軽なクラフトとして講習会や教室も開かれているようです。また、インターネットで手作りキットなどもでています。 自宅で気軽に始められ、お手入れ不要なのも嬉しいところですので、今回は、基本的なポイントをご紹介しましょう。


一番のポイントは、瓶に詰めるオイルです。

無色透明で、中に入れた花の褪色を招くなどのリスクのないものが適しています。シリコン、流動パラフィンなどがあります。実際に試した結果としては、粘度などから流動パラフィン350がいいとのことです。インターネットで購入できます。
また、最近はハーバリウム専用オイルという商品も市販されているようです。たくさん作りたい方は、取り寄せてみてもいいでしょう。

手軽に始めてみるには、ベビーオイルがオススメです。小さな瓶ですが、100円ショップで安く手に入れられます。今回は小さなベビーオイルを何本か合わせて使いました。


瓶は、透明であればなんでもいいのですが、しっかりと蓋の閉まるものを用意してください。細長いもの、裾が広がったもの、変形のものなど、お好みで選びます。細長い瓶は、中の植物を美しく見せてくれて魅力的です。中をきれいに洗ってよく乾燥させておきます。


中に入れる花は、ドライフラワーやプリザーブドフラワーがおすすめ。カスミソウ、色鮮やかな千日紅もとても効果的。小さな木の枝、いろいろな色の実や、ドライの木の実、ドライフルーツなども使えます。鮮やかな色も効果的ですが、草紅葉なども素敵です。お好きなものを選んで瓶に詰めます。彩りを考えて、自由に組み合わせて、外から眺めてきれいに見えるよう、アレンジしてください。

また、アクアリウムのように、下に砂を敷いて海藻風の葉や貝殻をアレンジしても、涼しげな夏向きのハーバリウムになります。 アレンジができたら、口からそっとオイルを注ぎます。中の空気の泡がすっかり上がるのを待ち、オイルを口元まで注いで蓋を閉めて出来上がりです。

光を通すと生き生きと煌めいて、美しい世界を繰り広げてくれます。ひとときの癒しの時間です。バランスを見て、2、3点を組み合わせると素敵なインテリアになります。



(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)