マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


  生活カレンダートップページへ戻る 直前の部分へ戻る

黒板塗料でメッセージボックス

DIYが盛んになって、いろいろな素材や材料が、一般にも手に入りやすくなってきました。

専門店に行かなくても、日用品店や量販店などのDIYコーナーには、素人に使いやすい様々なものが並んでいます。

使い方も教えてくれるので、新しい世界が広がります。

今回は、塗料、それも塗るだけで黒板ができてしまう塗料を使ってみます。

学校時代はおなじみだった黒板。最近は、いろいろなお店の前に、メニューやお知らせが可愛く書き込まれた、洒落た黒板が立ててあったりと、街中でも目にすることが多くなっています。

もちろん市販の黒板ボードも手軽に手に入りますが、家の子供部屋のコーナーなどに落書きし放題!という黒板があったら楽しいでしょう。

手作りなら、自由に、好きな場所にできます。そんな楽しさを、一工夫して、メッセージボックスにしてみました。

材料

黒板用塗料のほか、木の箱、筆、油性ペン、各色チョークなどを用意します。

黒板用塗料は、チョークボードペイント、という名称の水性塗料です。合成樹脂塗料で、塗ったところがそのまま黒板になる、という塗料です。

大手量販店などのDIYコーナーで手に入ります。色は黒、青、緑など。

大きさもいろいろですが、170mlで、塗る面積2平方メートルくらいを塗ることができます。

木の箱は、クッキーなどの頂き物の空箱を利用します。

作り方

木の箱の表面をサンドペーパーなどでこすって滑らかにします。

塗料に10対2くらいの割合で水を加えて混ぜ、平筆で箱の表面に塗っていきます。

完全に乾いてから、重ね塗りします。何度か重ね塗りをして、しっかり黒板面を塗りあげます。

真っ黒の外側、中は青にしてみました。これで、箱の面にチョークで書くことも、黒板消しで消すこともできます。

箱に枠や字を油性のペンで書き込みます。装飾は消えないように油性ペンを使って、好みのデザインに仕上げてください。

この箱を「おたのしみボックス」に仕上げました。今月の「おたのしみ」を箱の中に入れます。

たとえばコンサートの切符や、同窓会のお知らせハガキなど、今月の一番のお楽しみを入れておきます。

箱の表面に「あと何日!」といった表示ができます。毎日チョークで日にちを書き換えて、お楽しみをカウントダウンするのはいかが?

また、鍵やメガネなどの入れ物としても、何が入っているかを書いておくことができ、重宝します。

(糸と布のクラフト作家:しらべみえこ)