マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

大規模修繕工事のポイント

大規模修繕の流れをつかむ――外壁等の下地補修とシーリング

足場が組みあがったら、外壁塗装等の工事に取り掛かる前に、建物の状態を目と音で調査し、必要箇所の下地補修とシーリングを行います。

 下地補修
塗装の前の下地補修では、建物本体の外壁や屋根、床などのひび割れ(クラック)や欠損、コンクリート内部の鉄筋の錆によって起こる鉄筋爆裂、モルタルやタイルの浮きの有無などをチェックして、問題がある箇所は補修工事を行います。いずれも建物の安全面から欠かせない補修です。
ひびはシーリング材などを擦り込んだり注入したりして塞ぎます。鉄筋爆裂はコンクリートの脆弱な部分を取り除き、鉄筋の錆を落として防錆処理を施し、樹脂モルタルを充填します。浮きでふくらんだ箇所は穴をあけて接着材を注入し、割れたタイルは取り替えます。

 シーリング
外壁の壁面の継ぎ目(打継目地)、窓サッシの周囲(サッシ周り)、バルコニーや階段の手すりの根元、換気ガラリの境目など、建物の部材と部材の接合部分にはシーリングが施工されています。シーリングとは、目地から水がしみ込んだり、空気が通るのを防止するために、樹脂(シーリング材)を充填することです。シーリング材が古くなって劣化すると水がしみこんだりしますので、劣化が進んだシーリング材は取り替えます。
まず古くなったシーリング材を除去し、はがしたところにシーリング材を新しく充填します。シーリング材はゴム状の軟らかい状態で目地に埋め込み、数日で硬化します。その間は触れないように気を付ける必要があります。

これらの工事は、壁をコンコンと打つ音が響いたり埃が出たり、バルコニーに入って作業する場合もあるので、居住者にとっては落ち着かないこともあるでしょう。バルコニーの植木や洗濯への影響も避けられません。けれど、大切な住まいのための大規模修繕における重要な工程の1つなので、理解をもって対応したいものです。