マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

大規模修繕工事のポイント

大規模修繕の流れをつかむ――外壁塗装

外壁塗装にはコンクリートや鉄筋を保護して躯体を守ることと、美観を維持する2つの役割があります。塗装においてはこの役割を長持ちさせることも重要です。

 外壁洗浄
下地補修が済んで塗装に入る前に、洗浄を行います。外壁は排気ガスや土ぼこり、雨水による水あか、コケなどが付いて汚れています。また塗膜の表面が弱くなって剥がれやすくなっている箇所もあります。それらを一気に落とすのが高圧洗浄です。水の勢いでほとんどの汚れを洗い流します。
塗装前の洗浄が十分でないと、塗料の密着が不足して後から剥がれたりすることになりかねないので、重要な工程です。
洗浄中はバルコニーの使用はできません。施工者は水の飛散や室内への侵入に十全の注意を払っていますが、居住者も注意事項の告知がされるはずなので、見落とさないように注意が必要です。

 下塗り・中塗り・上塗り
塗装は通常3回行います。下塗りは、壁面に上塗り材を密着しやくするために行います。上塗りは、雨水や日光、熱などから外壁を保護し、外観をよくすることを目的に行います。同じ材料を使って2回塗ることで効果を高めます。2回の上塗りを「中塗り・上塗り」と呼ぶこともあります。
大規模修繕工事の塗替えにおける下塗り材は、外壁の素材や状態、上塗り材の種類によって使い分けられます。上塗り材はウレタン樹脂塗料やシリコン樹脂塗料を用いるのが主流です。最近は遮熱、断熱、防腐食、抗菌などの塗装材の機能性を考慮した塗装材を選択する傾向も強いようです。
塗料は溶剤系(シンナーなど)と水性系とに分けられます。溶剤系は、塗装工事中に強い匂いを発しますが、この匂いはその時だけで、塗装完了後は匂いはありません。

塗装工事は一定程度の期間がかかります。また気象状況にも影響されるので大規模修繕の中でも居住者にとっては負担が大きい期間ですが、協力する気持ちで過ごしたいものです。