マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

大規模修繕工事のポイント

大規模修繕の流れをつかむ――バルコニーの防水

足場を組んで施工する大規模修繕では、バルコニーの床面の防水機能を回復させるための工事を行います。各戸のバルコニー内で作業を行いますので、居住者の協力が欠かせない工事です。床防水工事とともに、必要に応じた鉄部補修や排水溝・排水管の補修も行います。

バルコニーの床面は、雨水などに耐えるために防水機能が大切です。また、大量の雨水でもスムーズに排水できるように、排水口・排水管に破損や詰まりがないようにしておく必要があります。
これは自分の住居だけの問題ではなく、詰まったり漏れたりすると、階下や隣家に迷惑をかけることになってしまいます。

バルコニー床面の防水工法には、材料によって、塗膜防水やシート防水等がありますが、既存の材料や状態に適した工法で行う必要があります。

一般的なのは、塗膜防水工法というウレタン樹脂等の防水素材を塗布するものでしょう。塗膜が部分的に膨らんだり剥がれたりしているような状態の場合は、下処理も必要です。複雑な形状のところでも工事ができますが、塗膜は塗り重ねが必要で、乾燥に少し時間を要します。仕上がりの質感はやわらかで継ぎ目がなくすっきりしています。

塗膜防水工法と同様に多く利用されているのが、塩ビシートを張るシート防水工法です。色のバリエーションが豊富でデザイン性がありますが、カットして張るため複雑な形状の場所には向いていません。まず既存の塩ビシートを剥がしてコンクリート面の下地処理をし、その後、接着剤を塗って塩ビシートを張ります。最後につなぎ部分や端部から水や汚れが入らないようにシーリング材などで処理します。
床面がシート防水の場合でも、排水溝は塗膜防水とするのが一般的で、シート防水工事を行う前に排水溝の工事を行います。

排水管は、亀裂や詰まりなどがないかを確認します。ひびが入っている場合は水漏れの原因になるので補修が必要です。排水口は、鉄部の錆を落とし、塗装を行います。

バルコニーは、各戸の室内に近いので工事中は居住者に負担がかかります。作業中はバルコニーに出ることもサッシ戸を開閉することもできません。臭気も発生します。当然洗濯物も干せません。短期間、エアコンが使用できない場合も起こり得ます。また、バルコニーに置いているものをすっかり片づける必要があります。工事期間が決まったらあらかじめ告知があるはずですので、期間中は植木鉢も含めすべて室内に入れておきましょう。