マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

大規模修繕工事のポイント

大規模修繕の流れをつかむ――大切な屋上防水

外壁と並んで、風雨や日光の影響を直接受ける屋上は、大規模修繕の重要な工事の一つです。もともと屋上には防水が施されていますが経年劣化により破損が生じると、最上階の居室などに漏水しかねません。防水の耐用年数は工法によって変わってきますが、一般的に10〜15年ごとに改修が必要と考えたほうがよく、被害が発生する前に修繕工事を行うことが大切です。

新築時の多くのマンションにみられる屋上防水は、古くから実績があり信頼性の高いアスファルト防水保護工法です。これは、躯体の上に、アスファルトルーフィング(シート)を溶かしたアスファルトで張り重ねて防水層を設け、さらにコンクリートなどの押さえ層を施して防水層を保護するというものです。
アスファルト防水には、アスファルトの防水層の上に保護塗料を塗る露出工法もありますが、こちらのほうが耐用年数は劣ります。
このほか、バルコニー防水によく利用される塗膜防水工法やシート防水工法を用いた屋上防水もあります。

防水劣化のチェックは、アスファルト防水保護工法の場合は防水層が外から見えないため、表面に見えているコンクリートや目地などの劣化状況によって推定します。そのほかはいずれも防水層が露出していますので、直接防水層の劣化状況を確認します。

修繕工事は劣化状況と屋上の用途に適した工法で行います。修繕工事には、防水層を撤去して新しくする方法(撤去工法)と、現在の防水層の上に新たな防水層をかぶせる方法(かぶせ工法)があります。

既存の屋上防水がアスファルト防水保護工法の場合は、撤去にかかる手間や費用、騒音の問題もあるため、かぶせ工法が一般的です。かぶせ工法で防水を施す場合は、押さえ層のコンクリート面の下地処理をして、防水を行います。既存の屋上防水が塗膜防水やシート防水の場合は、劣化状況などから、撤去工法かかぶせ工法かを選択します。

屋上防水は、手遅れになると重大な被害を及ぼし、またそこからの修繕工事は費用が増大します。建物全体の屋根にあたる大切な部分です。防水劣化状況はどの程度なのか、当該大規模修繕の対象とするかどうか、撤去工法とかぶせ工法のどちらが適しているかなど、居住者全員が関心をもって臨みたいものです。