マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

大規模修繕工事のポイント

大規模修繕の流れをつかむ――階段や廊下、エントランス、鉄部の塗装

共有部分のエントランス内部、廊下、階段の塗装や防水なども大規模修繕の対象に挙げられます。また、あちこちに使われている鉄部の塗装も、損傷が出る前に塗り直し工事を行う必要があります。

エントランス

エントランスは、壁面、床、天井、装飾いずれも特別な素材が使われていることがあり、それぞれの素材や現状に対応した工事を行います。

廊下や階段

廊下や階段の床面は、防水機能は十分か、めくれや浮きが発生していないかなど、安全面と機能面に問題がないかをチェックします。開放廊下や屋外階段では、雨水を排水溝に流す設計になっていても、快適な居住とコンクリート保護のために、床面の防水工事を行うことが多くなっています。
作業内容はバルコニーの防水とほぼ同じです。
廊下や階段は、短時間で作業を完了するために工法や作業工程に工夫をしています。それでも工事期間中は居住者の利用に不便が生じますが、使用できない期間の連絡があるはずですので、工事が順調に進むよう協力することが大切です。

鉄部

マンション内に鉄が使われているのは、バルコニーや階段の手すりだけではありません。自転車置き場や照明器具、樋、メーターボックスの扉など、通常あまり縁のない箇所も含め多くの部分に鉄材は使われています。鉄は傷がつくとそこから腐食が始まるので再塗装します。
鉄部塗装の作業は、まず錆落としをして、塗装面をなめらかに整えます。汚れを落とした後、錆止め塗料を塗ります。劣化を遅らせ美観保持するため、上塗りを通常2回行います。錆が激しい場合は、錆落としに時間と手間と費用がかかります。
錆落としでは、ブラシやサンドペーパーなどを用いるので、微粉末が周囲に飛ぶことがあります。居住者はあまり近寄らないほうがいいでしょう。また、塗装作業中は塗料などの溶剤が鼻をつくにおいを発する場合もあります。

鉄部は、傷がつくと劣化しやすいこともあり、また錆が出てからでは補修が大変になるので、大規模修繕とは別に数年に1回程度、鉄部塗装だけを行っているマンションもあります。