マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

光熱(電気・ガス・水道)

電力自由化と電力会社契約の見直し

電力自由化から1年が経ちました。電力の契約会社を新しい事業者へと切り替えることは、マンション管理組合でも、居住者各戸でも、原則として可能です。

ただし、現在、マンション全体で一括電力供給の契約を結んでいるマンションについては、契約期間内は原則的に各戸ごとであっても切り替えができません。

各戸の電力会社切り替え

電力会社から、マンションの各戸および共有部分に直接供給されている(各戸ごとに電力会社と個別契約している)場合は、それぞれが事業者を切り替えることが可能です。

あらかじめマンション管理組合に、電力受給の仕組みを確認し、また近く切り替えを検討する予定があるかどうかも確かめたうえで、切り替えを検討するとよいでしょう。

新しい事業者は複数あり、これまでの電力会社も含め各事業者のウェブサイトなどで、どんなプランがあり、利用状況に対してどの程度メリットがあるかを比較検討して、切り替えを決めることが大切です。

切り替えは、基本的にはスマートメーターが導入済みであれば、新しい事業者と契約するだけで、工事も不要です。従来の検針方式のメーターの場合はメーターの交換が必要です。交換料金は特別な場合を除いて無料です。

高圧一括受電への切り替え

ある程度規模の大きいマンションでは、マンション全体で「高圧一括受電」の契約を結ぶこともできます。共有部分の電力のみ一括受電契約をする場合と、各戸への電力供給も含めて契約をする場合と、選択することもできます。契約期間は、10年以上になっているケースが多いようです。高圧一括受電によって電気代が安くなるのがメリットです。

この場合、電力サービス会社(高圧一括受電事業者)と契約を結びます。サービス会社が電力会社から高圧電力を一括で買い取り、サービス会社がマンション内に変電設備を設置するほか、各戸への料金請求などの業務も行います。そのため初期投資や手間はかかりませんが、これらサービスに関わる経費が差し引かれる仕組みになっています。

高圧一括受電の導入にあたっては、まず導入が可能かどうかを調査します。その後、サービス会社を選考して理事会で検討し、住民説明会やアンケートなどを重ねて、総会で導入の決議を行います。これまでの電力会社との解約手続きには全戸の同意が必要です。契約後、切り替えのための工事を行い、サービス開始となります。