マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

修繕とリフォーム

省エネを促進し、断熱効果を高める窓のリフォーム

閉め切った室内でも、窓辺の空気は冷たい外気に冷やされて温度が下がり、暖かい空気の下へ潜りこみ、床を這う冷たい風になります。そんなとき、ガラス窓に内窓を付けると、窓の断熱効果が大幅に上がり、暖房機の稼動率を下げることができます。
合わせて、結露を軽減してくれるので、窓枠やカーテンのお手入れもラクになります。

内窓は、建物本体の窓に室内側からもう1枚取り付けるガラス窓のこと。窓と内窓の間に空気層をつくることで、断熱効果を発揮します。窓枠は樹脂製のものが使われ、加工しやすく、窓に合わせて手軽に短時間で工事できます。

また、窓枠はそのままに、ガラスを複層ガラスに交換して、断熱・結露防止・遮熱効果を上げる工事もあります。

各マンションの管理規約で異なりますが、外に面する窓やガラスは共用部分とされ、窓の内側に取り付ける内窓は専有部分とされるのが一般的です。いずれにせよ、管理組合に必要な手続きを確認して、リフォームを計画するのがよいでしょう。

内窓取り付けや複層ガラス取り替え工事は、住宅エコポイント制度や窓の省エネ・リフォーム減税の対象です。窓の省エネ・リフォームで、最大、工事費の10%が減税され、また固定資産税の減額の適用も受けられます。ただし、省エネ基準の適合(減額対象となるか否か)については、地域によって基準が異なります。