マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

修繕とリフォーム

住戸内のメンテナンスとリフォーム(2)ガス給湯器の交換

冬は水温が下がるため、給湯器の負担が大きくなり、長く使用しているものは、この時期に急に動かなくなってしまうことがあります。毎日使うガス給湯器が故障するとたちまち困るものですから、日ごろから故障のシグナルに注意して早めに対応したいものです。ガス給湯器の寿命は10年〜15年とされています。10年以上経ったものは修理ではなく交換のほうが経済的です。

◆故障が疑われる兆候
@湯温が安定しなかったり、設定温度を上げても熱くならない。
A給湯器から異音がする。
B給湯器本体から水が漏れている。
C給湯器本体が黒く汚れる。

ABCに気づいたらすぐ業者を呼びましょう。危険な場合があります。
@の症状が見られる場合は、業者に相談する必要があります。
10年以上経っているなら、交換する新型給湯器の検討を始めましょう。

◆新しい給湯器の選び方
マンションでは、設置場所により使用できる給湯器に制約があります。メーカーカタログで選んでも設置できるとは限らないことに留意しましょう。
使用していた給湯器と大きさや形状が同じタイプのもののほうが、工事の手間が少なくなり、工事費が抑えられます。
給湯器の能力を表す号数は、水温+25℃のお湯を1分間にどのくらいの量出せるかを表しており、20号は毎分20リットル、24号は毎分24リットルのお湯が出せることを示しています。数字が大きいもののほうが、たくさんのお湯を同時に使うことができます。基本料金には関係ないので、使い方に適した号数のものにするとよいでしょう。号数を下げるメリットは、給湯器の価格が少し低いだけです。なお、マンションの場合24号から20号への変更はできますが、20号から24号への変更はできない場合が多いので、事前に確認が必要です。
給湯器の交換の際は、通常、浴室内や室内にあるリモコンも同時に取り替えることになります。さまざまな機能が付いたタイプがありますので、これも検討材料のひとつです。