マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

修繕とリフォーム

玄関扉を交換して機能性を高める

マンション各戸の玄関扉(玄関ドア)の交換は一般に30年が目安です。頑丈な鋼板製でできていても、色がくすんだりキズがついたりと見た目が悪くなる以外に、開閉のスムーズさや気密性も劣化していきます。
玄関扉は、新しい機能を持つ製品が開発されています。そして、扉だけを交換する工法も普及しています。新しい扉への交換は見た目が美しくなるだけでなく、機能性の高いものを取り付けることによって、断熱性、防音性、耐震性という環境面や安全面、さらには省エネにも効果があります。

コンパクトに工事ができるカバー工法

従来なら玄関扉を交換するとなると、接している壁面を壊すことになり、大掛かりな工事でした。しかし、近年は既存の扉枠を残し、その上に新しい枠を被せるカバー工法が発達しています。カバー工法は、躯体に影響しないことと、施工時間が短く、半日程度でできることが魅力です。
カバー工法にもいくつか種類がありますが、それぞれに適した玄関扉商品が豊富に販売されているので、デザインや機能を選んで交換できます。

管理組合でも検討したい玄関扉の交換

マンションの玄関扉は共有部分(住戸内側は専有部分と解釈)です。希望者が個別に交換したい場合でも、管理組合で合意する必要があります。
一斉に交換しようとする場合は、管理組合の大規模修繕計画の一環として考えなくてはなりません。
玄関扉の劣化は全戸で同じように進んでいきます。デザイン面での統一感の問題もあります。それらを踏まえたうえで、大規模修繕の項目として検討するのも一案です。

機能の向上

交換により、次のような機能の向上が期待できます。

気密……劣化したゴムを取り替えたり、ゆがみをなくすことで隙間風が入らない。
防音……気密性が高まり防音効果も高くなる。さらに吸音素材を使用したり厚くするとより効果が高まる。
断熱……遮熱鋼板材を使用したり、厚くすると断熱効果が高まる。
換気……開閉できる換気機能付きの玄関扉ではドアを閉めたまま換気ができる。
防犯……施錠を2か所にする。防犯性の高いカギにする。
耐震……扉と枠をつなぐ丁番を耐震丁番にしたり、耐震仕様の扉にすれば耐震性が向上し閉じ込め防止に。

多様な利点を持つ玄関扉商品があります。設置条件、デザイン性、価格等多角的な視点での選択が大切です。