マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

空調(温度・湿度・空気)

扇風機の活用

節電のために扇風機を活用が勧められています。夏の電力使用量を上げるエアコンに対し、扇風機の消費電力はエアコンの数十分の1なので、エアコンと扇風機を併用したり、時間帯によって扇風機だけで涼を取る工夫をしましょう。

●風をつくる
マンションでは風通しが悪い場所がある場合が多いので、まずは室内の換気をします。
ベランダなどの開口部から室内に向けて扇風機を回す、あるいは、玄関やキッチンなど窓がない場所から開口部に向けて回すことで、家の中に風を起こします。
こうして空気の流れをつくるだけで室温は下がります。
外気温が下がっってきたら、窓を少し開けて扇風機を活用したいものです。

●エアコンの冷気をまんべんなく行き渡らせる
盛夏の午後などは、エアコンも必要でしょう。扇風機を併用することで、冷房の設定温度が高めでも過ごしやすくなります。扇風機を床面や壁に向けて掛け、冷気を室内全体に行き渡らせます。これによってぐっと体感する涼しさが増し、冷やし過ぎの害を防ぐことができます。

●高性能扇風機を活用する
センサーで温度や湿度を感知して風量調節、羽根がない、切断タイマー(一定時間後に切れる)のほかに開始タイマー(一定時間後に運転を始める)も付いている、音が静か、微弱な風を送る、立体首振り機能搭載、など高性能の扇風機が発売されています。新しく扇風機を購入する場合は、価格と利用率を考え合わせながら選びたいものです。
なお、今年の夏は節電をと、古い扇風機を引っ張り出して使う場合は、経年劣化が起こっている場合もあるので十分に点検してから使います。羽根の回転が不規則、回転音がおかしい、焦げ臭いなどの異常があるものを使用するのは危険です。

●扇風機の風に直接当たるのは避ける
風が体に当たると体感温度は約2℃下がるといいます。お風呂上がりの湿った皮膚を扇風機に当てると、気化熱効果が加わってとても涼しいという体験でもわかるように、風は体温を奪います。また長時間風に当たっていると体がだるくなります。
長時間扇風機を使う場合は、壁に向かって回すなど室内の空気全体を循環させることが大切です。


サーキュレータ
家電製品として昨今販売されているサーキュレータは、いわば置き型換気扇です。直線的な強い風を起こし、空気を動かすもので、風通しの悪いところで使用されます。細やかな風量調節ができない、音がうるさいというデメリットがありますが、エアコンと併用して、室内の空気を循環させる目的には適しています。