マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

自分でできる家の手入れ

水垢の除去と予防

水垢は、水に濡れたステンレスやタイルの表面が自然乾燥によって乾くときに、水に含まれるケイ酸や炭酸カルシウム等の無機成分が蒸発の段階で濃縮され、固着したものです。浴室や混合水栓に付きやすいのは、温かい水滴が常にかかるところだからです。害はないのですが、ピカピカつるつるだった表面が白いまだら模様をつくって曇るので見た目の美しさが損なわれます。
最善の防御策は、濡れたらすぐ、清潔な布で水けを残さずふき取って乾燥させることです。

炭酸カルシウムは酸性の強い水に溶けるので、お酢を塗ったりレモンなどの切れ端でこするのが除去の手軽な方法です。クエン酸の水溶液を布やティシュペーパーに浸して水栓に巻き付けパックするのも効果があります。酸性の水垢取りクリーナーも市販されています。
これらの方法は、長い間水垢がこびりついてしまっている場合には適しません。長時間、強酸を塗った状態にしたり、クレンザーで強くこすると、金属が別の科学変化を起こしたり、表面に傷が付いてしまいます。
水垢がひどくならないうちに、こまめに手入れをすることが肝要です。

水垢予防には表面をフッ素樹脂でコーティングするのが一般的です。市販のコーティング剤で、自分で行うこともできまます。浴槽や便器などはおおむね製品化段階でコーティングされています。
フッ素樹脂コーティングをしたからといって、水垢がまったく付かないわけではありません。ただ格段に落としやすくなるので、手入れがラクになります。


水垢は水回りのどこにでも付くものですが、とくに水栓は水滴が残りやすいので付きやすいうえに、目立つ箇所です。そこで水栓だけはこまめに拭いてピカピカにしておくと、見栄えがぐんとよくなり、ほかの水垢が目立ちません。