マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

防犯・防災・安全

エレベーターの点検に注目

エレベーターの安全管理は建築基準法によって所有者・管理者の責任とされています。したがって分譲マンションでは管理組合が責任をもって行います。マンションの管理会社やエレベーターの保守管理会社に委託しているので意識しにくいのですが、管理組合は、年1回は建築基準法が定める専門技術者による定期検査を実施し、自治体に報告する義務を負っています。
集合住宅のエレベーターの多くは、月1回の保守点検、年1回の定期検査を行っています。この業者による点検をしっかり監督することは、管理組合の重要な務めです。

管理組合はエレベーターの保守管理契約を結びますが、それには大きく2種類の契約形態があります。1つはFM契約、もう1つはPOG契約と呼ばれます。
FMはフルメンテナンス、すなわちエレベーターの運転機能の維持全般に責任を持つ契約で、点検および一定の修理費用は定額管理費で賄われます。
POGは、パーツ、オイル、グリスの頭文字で、消耗品と点検は含みますが、ロープ交換などの大規模な部品や修理には別途費用が発生する契約です。
エレベーターメンテナンス会社ではエレベーター機種によってPOG契約を受け付けない場合もありますが、大規模な部品交換は少ないので、ある程度年数を経て修繕が発生する時期になったらPOG契約からFM契約に切り替えるという考え方もあります。

利用者である入居者も日ごろからエレベーターの状態を観察する習慣を持ちたいものです。
扉の開閉はスムーズか、敷居の溝や戸袋に異物が挟まっていないか、乗降口が床面とズレていないか、押しボタンに異常はないか、速度は安定しているか、異常音はないか、不安定な振動はないか…などの異常を感じたら、すぐに保守管理会社と連絡をとり、安全を図ります。