マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

防犯・防災・安全

留守宅の安全対策

夏休みや連休などで、数日間にわたって家を留守をするときは、たとえ3〜4日の留守でも防災・防犯の手当をしてから出かけたいものです。

長期留守を気づかれないようにする
泥棒は留守だとはっきりわかる住居を狙います。マンションでも、エントランスのセキュリティをかわして建物内に侵入する、ベランダから侵入するなどの手口が使われます。留守を気づかれない工夫が大事です。ふだんと変わらない状態を保つことは、防犯だけでなく、火災や事故を未然に防ぐことにもつながります。

新聞の配達を止める
毎日の新聞配達を、販売店に連絡して、留守期間中は止めてもらいましょう。
郵便物も、郵便局に「局留め」を依頼することができます。
郵便受けに新聞等が溜まっていると、長期間留守をしていることがわかるので、泥棒に目を付けられやすいといいます。また、郵便受けからあふれてごみになってしまう危険もありま

灯りを点ける
プログラムタイマーで不在時も照明器具を点灯させます。通路側の部屋やキッチンの電灯を一定時間自動的に点灯するといった工夫です。既存のリモコン操作照明に使えるプログラムタイマーリモコンや、プログラムタイマー付きのスタンド照明器具も市販されています。

留守電のアナウンスを変えない
留守電は、○日まで旅行に出ています、などと長期不在を告げるアナウンスに変更しないほうが得策です。ふだんから「ただいま留守にしています」より「ただいま電話の近くにおりません」等のアナウンスがよいともいわれています。

電気・ガス・水道の元栓
電気・ガス・水道を、供給元に止めてもらうと、復活する時の手間が発生してしまいます。とくに電気は、自動換気や冷蔵庫も止まってしまうので、弊害も起こり得ます。長期の留守ならともかく、1〜2週間の留守の場合はそのままにしておくほうが問題が起こりにくいと考えられます。自分で開閉できるガス栓や水道栓を閉めてもよいでしょう。扇風機などコンセントを外しても支障のない電気器具は、コンセントを抜いておくと安心です。