マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

防犯・防災・安全

安全安心な駐輪場管理―不使用自転車の整理

マンションの居住者の家族構成やライフスタイルの変化によって、自転車置き場が自転車であふれたり、混み合って使いづらいといった問題が発生した場合、どのような打開策があるか、考えてみましょう。

マンションの戸数と駐輪スペースの数の関係は、一般に1戸につき1台、あるいは2台の計算で設備されている場合が多いようです。しかしながら、子ども用自転車などが増えて1戸に2台以上ある家庭も多いのが実際です。
そうなるとむやみに自転車を詰めて駐輪したり、駐輪台の区分を無視して駐輪したりすることになり、ぶつけてけがをしたり、他の自転車を傷つけたりしかねません。
こうしたことを踏まえて、管理組合が駐輪場の整理について総会に建議して、当該年度の活動項目に加えます。

活動の第一歩は、各戸の駐輪場利用状況の把握です。アンケートで、駐輪場を利用している自転車を申告してもらい、不使用自転車を選び出します。この際、居住者には壊れて放置している自転車の処分を求め、また退去者の自転車、持ち主不明の自転車の処分を行います。
処分については、持ち主が了承しているか、持ち主が確かに不明か、十分な確認をしてから行います。

不使用自転車の整理をして、駐輪場を大掃除すると、それだけでかなり整理がつきます。
駐輪可能台数と必要数の関係が明確になったら、需給バランスを検討します。
1戸につき2台と定めてあっても、利用していないとか1台利用中という家庭もあるでしょう。一方で4台駐輪したいという家庭もあるでしょう。
その数量予測と、駐輪場増設の可能性の検討に入ります。