マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンションの住環境
  マンションの住環境トップページへ戻る 直前の部分へ戻る

防災の備えB火災発生に備えて:防犯・防災・安全

台風や地震の自然災害にともなって起こり得る最も危険な二次災害は火災です。自宅から火災を出さないことが大切ですが、自宅は安全でも、マンション住戸のどこかで、あるいは建物や屋外のどこかで火災が発生することも考えられます。火災を出さない、万一火災が発生したら迅速に対応する、そして、安全に避難することが何よりも大事です。

各戸の備え

火災が発生したらとても冷静ではいられません。しかし、もし火が出た場合、初期消火は非常に大切です。

平常時にこそ、火災発生に備えて、実際に取るべき行動を訓練しておきたいものです。

自宅の火災発生に備える

地震が起こった時の火災予防

  • 調理中のクッキングコンロ、お仏壇やアロマテラピーのろうそく、蚊取り線香などの火を消す。
  • 火気を呼ぶ危険性のある、こたつ、電気ストーブ、電気毛布などはひとまずプラグをコンセントから抜く。

自宅の緊急消火

  • 消火器の置き場所と操作方法の理解、訓練の実施。
  • マンション内の消火器、火災報知機の設置場所の確認。
  • 火が出た場合は身の安全を最優先し、初期消火が可能とされる、天井に燃え移っていないことを目安に、消火器などで消火。

避難が必要になった場合に備える

避難路の確認

  • 玄関ドア、ベランダの避難梯子、共同廊下、共同階段など。避難梯子の使い方の理解。

避難の際に必要な火の元処理

  • ガスと水道の元栓を閉める、分電盤のブレーカーを落とす、電化製品のプラグをコンセントから抜くなど。
  • できれば窓や扉は締め切って避難する。

近隣住戸との連携

  • いざ避難という場合は、近隣の住民に避難するように呼びかける。

マンション全体の備え

地震、火災の発生に備え、避難経路の確保、避難場所の確認はもとより、各住戸でどのような対応をとるべきか、防災・防火訓練は、非常に重要です。知識として持つだけではなく、実際を想定して行動してみることが、いざという時に役に立ちます。

ある程度の規模のマンションであれば、防火管理者の選任が必要です。防火管理者を中心に、消防計画の作成、防災訓練の実施、協力体制の整備などを行います。

火災発生時に取るべき行動の周知徹底

  • 共有部分に設置された消火器の取扱い、防火シャッター等の取扱いルールを明確にしておく。
  • 火事発生を大声で周囲の人に知らせる。火災報知機を鳴らす。119番通報をする(みんなが誰かがすると思って遅れることがある)。

安否確認

  • 住民の安否確認ネットワークを活用して、住民の安否確認を行い、消防活動に協力する。