マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンション管理関連の規定や規則について

非常用備蓄品の準備について、管理組合として何か備えることを考えたほうがよいでしょうか?
   

各家庭が備えをすることと、マンション全体で備える範囲とを明確にしなければなりませんが、避難時に必要な物と、断水や停電に備える備品も違ってきますし、災害の規模によって、備えが有効に役立つかどうかは未知数の部分もあります。

地震や火災の場合はまず避難場所へ避難することになります。大規模な災害が発生した場合は、沈静化しても、マンションに戻れないということも想定しなくてはなりません。
救護テントや簡易トイレ、発電機、造水器などをマンション管理組合として提供するという考えも必要かもしれません。実際の場でそれをマンション住民だけが使用すると考えるのは無理があり、行政や近隣の住民自治会等との連携をとって検討すべき事項です。
こうした大規模な非常用備蓄品は、高額であり、保管場所も必要です。管理組合として大きな決定事項となることなので、よく検討して計画案を作成し、総会に諮るとよいでしょう。

各戸に備える必要はないが、マンションとしてある程度の数を備えておくとよいものとしては次のようなものが考えられます。
バール、ハンマー、ペンチなど住戸内に閉じ込められた人を救出するための工具や、消火用具。
大型懐中電灯、メガホン、張り紙用の紙や筆記具など、広報や誘導に必要なもの。
エレベーターが停止し、階段で避難しなくてはならない場合に備えて、災害避難用のおんぶベルトや、非常用階段避難車、担架など。
保管場所は、エレベーターが停止した場合を想定して複数階に保管するかするなども検討しておくとよいでしょう。

東日本大震災の教訓として、上水道、下水道の確保の重要性が再認識されました。これはマンション全体の問題なので、管理組合が、非常事態の可能性をシミュレーションしておくことも大切です。