マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンション管理関連の規定や規則について

マンションには「法定建築設備点検」が適用されるそうですが、それはどんなものでしょうか? 何を行うのでしょうか?
   

大きな事故を未然に防ぎ、安全を確保するため、不特定多数の人が利用するような建築物については建築基準法に基づいて、専門家(調査・検査資格者)による建築物の定期点検と特定行政庁(都道府県知事など)への報告が義務付けられています。
その一つが「建築設備の定期検査(法定建築設備点検)」です。このほか「昇降機等の定期検査」「特殊建築物等の定期調査」も義務付けられています。特殊建築物の定期調査は用途や規模によって毎年または3年ごと、建築設備と昇降機の定期検査は年1回行います。
対象建築物および実施方法は地域によって異なります。マンションの場合、東京都では、階数が5階以上かつ延床面積の合計が1000uを超える共同住宅が対象です。

検査対象の建築設備とは、換気設備・排煙設備・非常用の照明設備・給水設備・排水設備です。ただし、東京都では共同住宅の区分所有の住戸内については現行制度では免除されていますが、当該地域の特定行政庁に確認しましょう。

【点検の内容】
@排煙設備
火災時に発生する煙や有毒ガスを屋外に出し、また人が安全に避難するための設備。
排煙口の開閉、手動開放装置、排煙機の運転状況、法定の排煙風量の確保を検査します。
A非常用の照明設備
停電の際に予備電源により点灯が可能な装置。
照度の測定(法定照度保持の確認)、バッテリー等の予備電源の性能や外観を検査します。
B給水設備および排水設備
受水槽、高置水槽、各種ポンプや配管。
給水設備・排水設備の運転状況、飲料水供給の衛生状況、外観点検を行います。

【検査結果】
検査の結果、良好な状態であることが確認された場合は、「報告済証マーク」が配布されます。
改修を要する事項があった場合には、すぐに改修を行いましょう。改修後に、改修結果報告を提出し、それによって報告済証マークが配布されます。

●「特殊建築物の定期調査」は、火災や災害が発生した場合に必要になる、防火区画の設定、防災設備の調査、敷地の状況調査などを行います。3年に1回、調査資格者(1・2級建築士または特殊建築物等調査資格者)による調査を実施します。調査項目は、下記の通りです。
@敷地(地盤沈下・敷地内排水・擁壁等)
A構造(開口部、換気設備等)
B構造強度(基礎・土台・柱・梁・壁・天井・外壁・屋外設置機器、塀、看板等)
C耐火構造(外壁・屋根・開口部・内装仕上げ等の耐火・防火性能、防火区画、扉・シャッター等)
D避難施設(避難通路・空地・出入り口・廊下・階段・避難バルコニー・避難器具・非常用進入口、排煙設備・非常用照明装置・非常用昇降機等)
検査結果が良好と認められた場合は、報告済証マークが配布されます。

●昇降機等(エレベーター等)の定期検査は、通常、保守契約を締結しているエレベーター会社が契約の中で実施します。良好と認められた場合は報告済証マークが配布されます。