マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンション管理関連の規定や規則について

近く大規模修繕を予定しているマンションの管理組合理事です。事前にアンケートをとったところ、悩みとして冬季の結露が多くあがってきました。結露対策になる改修としてどんなことが考えられるでしょうか。
   

結露は、室内の暖かい空気が外気と接している冷たいガラス戸や壁面に触れて水蒸気になるものです。寒い季節には、室内の湿度を上げない暖房機器を使用したり、ガラスについた水滴をこまめに拭き取るなどの対策に追われます。
結露するのは、それだけ冷たい外気に暖房の熱が奪われていることですから、結露が発生しないようにすることが最善の方法です。
その根本的な対策として、窓ガラスを二重にする方法があります。内窓を付ける方法、ガラスを複層ガラスや真空ガラスにする方法があります。さらにサッシもアルミと樹脂や木材を組み合わせた断熱サッシにすることで断熱効果は高まります。この方法は、室内の暖かい空気をガラス戸から外部に逃さないので、暖房費の節減につながりります。

内窓とは、窓枠を室内側に張り出させて2本のレールをつける二重窓です。
複層ガラスとは、ガラス板を2枚合わせたもので、種類もいろいろありますが、最もポピュラーなものは、断熱効果を出すために3mmのガラス板2枚の間に6mmの密閉の空間を設けた複層ガラスです。
内窓も複層ガラスも、ガラスとガラスの間に空気の層をつくって断熱性能を高めるしくみです。
真空ガラスは、2枚のガラス板の間に真空層をつくっているもので、空気と真空の違いにより、複層ガラスのおよそ2倍の断熱効果があります。

真空ガラスにはもう一つ利点があり、複層ガラスは総厚みが12mmになるので、窓枠を専用サッシに交換する必要がありますが、真空ガラスの真空層はわずか0.2mmなので、ガラスの総厚みが約6.2mmですむため、既存のサッシにそのままガラスだけを交換することが可能です。

窓ガラスやサッシを断熱性能の高いものに替える工事は、住宅エコポイントや省エネリフォーム減税制度(工事代金の住宅ローンや固定資産税が減税になる)の対象になります。また自治体の補助金制度も利用できるものがないか調べてみるとよいでしょう。

なお、マンションではガラス窓やガラス戸は共用部分ですから、その断熱改修は、管理組各の責任と負担による改良工事とされるのが原則です。ただし、管理組合がすみやかに実施できない場合は各区分所有者の責任と負担において実施することを認める細則を、管理組合が定めることができる改良工事と定められています。
全体の大規模修繕計画に組み込むことができない場合は、総会で諮って、各区分所有者の改良工事を認めることを検討してもよいでしょう。