マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンション管理関連の規定や規則について

マンションの管理組合の理事です。よそのマンションで防災部を新たに設けたという話を聞きました。何から始めたらよいでしょうか。
   

防災対策には、ハード面とソフト面があります。

ハード面は、耐震補強工事をする、エレベーターを災害対応型に更新するなど建物の改善。また、災害発生時に必要になる工具などを整備したり、非常用の食糧備蓄など。いずれもある程度の予算が必要です。

ソフト面は、イザという時に備え、災害時の対応体制、高齢者などのサポート体制、連絡網などを整備し、防災訓練を実施して住民の防災意識を強化するなどの活動です。
ソフト面については、管理組合より、自治会の役割と位置づけているマンションが多いようです。管理組合と自治会で協力して体制づくりをすることをお勧めします。

まず住民が助け合うしくみをつくることから始めます。その第一歩は防災名簿づくりです。
高齢者がいるとか、日中・夜間に留守にするといった情報を入れた防災用住民名簿を整備すると役立ちますが、それにはある程度プライバシーも公開することになるので、任意の登録制を取るなどの配慮が必要です。
防災名簿ができたら、高齢者や子どもの救援態勢、安否確認などを打ち合わせます。

なお、管理組合にせよ自治会にせよ、防災部など新たに部会等を設けるためには、規則にもよりますが総会の承認が必要になると考えられます。
関連部会の活動の範囲内で防災強化を図るか、新たに専門部を設けるかも検討対象です。