マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンション管理関連の規定や規則について

消防設備点検の連絡が来ました。点検日に在宅するためにかなり無理をしています。どうしても点検を受けなければいけないのでしょうか。また、点検の内容はどんなものですか。
   

年2回の消防設備点検を受けることは大切なことです。消防法に定められたマンションの関係者の義務であり、一般には管理組合が点検を実施しています。したがって点検日には在宅して点検に協力するのが居住者の務めです。個々の居住者に対して罰則はありませんが、自宅の消防設備の点検を怠ったために火災探知や消防活動の妨げになるようなことが起こらないように、年2回の消防設備点検を受けましょう。

消防設備点検は次のような法令によって実施されます。
マンションの消防設備点検は消防法第17条に定められています。

【第17条】
学校、病院、工場、事業場、興行場、百貨店、旅館、飲食店、地下街、複合用途防火対象物その他の防火対象物で政令で定めるものの関係者は、政令で定める消防の用に供する設備、消防用水及び消火活動上必要な施設(以下「消防用設備等」という。)について消火、避難その他の消防の活動のために必要とされる性能を有するように、政令で定める技術上の基準に従つて、設置し、及び維持しなければならない

マンションはここに挙げられた「その他の防火対象物」に該当します。これに沿ってマンション管理組合は消防設備点検を実施しています。
延べ床面積が1000u以上の建物は、消防設備士免状の交付を受けている者または消防設備点検資格者の資格を有する者が点検を行うことも定められているので、ほとんどのマンションは点検を専門業者へ依頼しています。

点検概要は次のようになっています。

○総合点検
消防用設備等の総合的な機能について判断するため、設備の全部または一部(動力消防ポンプや非常電源用自家発電設備)などの正常な作動を確認する。1年に1回。

○機器点検
消防用設備等の適正配置や損傷の有無などを確認し、簡単な操作(非常ベルの鳴動など)などにより正常であることをチェックする。6カ月に1回。

○報告書提出
消防用設備は消防法に従って定期的に点検を行い、その結果を消防署長へ報告する。3年に1回。

点検結果の内容によっては、消防署より点検の充実や設備の改善を指導をされる場合もあります。