マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンション管理関連の規定や規則について

居住しているマンションは現在はペット禁止なのですが、許可しようという動きがあります。規約を変えてペット可のマンションにできるのでしょうか?
   

集合住宅では、ペットのにおいや音がトラブルの原因となるということで、管理規約等でペット飼育を規制するケースが主流でした。しかし、近年のペット人気を背景に、最近建設されるマンションではペット可のところが増えています。
こうした実情を踏まえて、これまでペット飼育不可としていたマンションでも、規約を変えてペット飼育を容認するマンション管理組合も出てきました。飼育ルールを整備して、みんながマナーを守り、違反したら注意できる体制にするほうが、よい改善策だととらえているのです。

動物好きな人も動物嫌いな人もいるマンションで、みんなの合意を得るのは大変なことです。アンケートを取って全体に容認の傾向があるようなら、準備に踏み切るとよいでしょう。
マンションをペット禁止からペット可に現行規約を改正するためには、新たな規約をつくり、それを総会の議事にかけて承認を得なくてはなりません。
容認する場合、ペット可にする範囲と条件、ペット飼育のルールと罰則等を、管理規約の細則として用意して、総会の議事に上げます。
「原則ペット禁止、理事会で正しいペット飼育ができると認められる場合に限り許可」という規約にしているマンションもあります。

国土交通省のマンション標準管理規約(単棟型)コメントでは、ペット飼育について次のような例をあげています。

<ペットの飼育を禁止する場合>
第○条 区分所有者及び占有者は、専有部分、共用部分の如何を問わず、犬・猫等の動物を飼育してはならない。ただし、専ら専有部分内で、かつ、かご・水槽等内のみで飼育する小鳥・観賞用魚類(金魚・熱帯魚等)等を、使用細則に定める飼育方法により飼育する場合、及び身体障害者補助犬法に規定する身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬及び聴導犬)を使用する場合は、この限りではない。

<ペットの飼育を容認する場合>
第○条 ペット飼育を希望する区分所有者及び占有者は、使用細則及びペット飼育に関する細則を遵守しなければならない。ただし、他の区分所有者又は占有者からの苦情の申し出があり、改善勧告に従わない場合には、理事会は、飼育禁止を含む措置をとることができる。

また、飼育を認める場合には、細則として次のような規定を定める必要があるとしています。

・動物等の種類及び数等の限定
・管理組合への届出又は登録等による飼育動物の把握
・専有部分における飼育方法
・共用部分の利用方法
・ふん尿の処理等の飼育者の守るべき事項
・飼育に起因する被害等に対する責任
・違反者に対する措置