マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンション管理関連の規定や規則について

緑のカーテンが暑さ対策になると聞いたので、今年は我が家でもやってみたいと思うのですが、マンションのベランダでつくってもよいものでしょうか。専用施設ではあっても利用には制限があるベランダでの植物栽培の注意を教えてください。
   

日当たりのよい縁側や窓辺に、ゴーヤや朝顔を植えて軒先に向けて蔓を這わせる緑のカーテンは、日差しを和らげ、見た目も涼しいものです。マンションのベランダでもプランターでつくることができますが、おたずねの通り、ベランダでの植栽には注意が必要です。事前に条件を確認し、充分注意して栽培しなければなりません。

第一に確認すべきことは、マンションの規則で禁じられていないか、という点です。「緑のカーテン」という言葉が使われていなくても、大型の植木栽培や蔓性植物を禁じる等の規則を設けている場合もあります。また、景観統一の面から認められない場合もあります。

制限されていない場合も、ルールを守り居住者の快適生活を妨げないことを心がけましょう。

@スペース
ベランダは非常時の通路としての役割があり、避難設備や両隣との仕切り近くに物を置くことは禁じられています。また、室内からの出入り口の確保も必要です。

A日当たり
@の条件をクリアした上で、日当たりがよく植物が育つスペースがベランダに確保できることが、緑のカーテンづくりの絶対条件です。手すりの陰になってしまう場合はプランターを台にのせてやるとよいのですが、その場合は、風で倒れた場合にベランダからプランターが落ちたりすることがないよう、高い位置にし過ぎないようにくれぐれも注意が必要です。

B水やり
ベランダの排水口は雨水を流すためのもので容量が大きくないことが多いので、たくさんの植物に一度に水をやると水があふれたり、土砂や枯葉で排水溝を詰まらせることがあります。また緑のカーテンに限らず、ベランダ植物への水やりが階下に迷惑を及ぼす例は少なくありません。土があふれないように深いプランターを使い、水やりは丁寧に行います。

C手入れ
蔓の成長は早く、油断すると左右・上下のお宅に侵入してしまいます。こまめに手入れをします。同時にしおれた葉や花、あるいは乾いた土が風で飛ばないように気を配りましょう。とくに、緑の時季が終わった後の始末は大切です。