マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



マンションの保険について

地震保険に入りたいと思うのですが、マンションでも地震保険に入れるのでしょうか。その場合の注意点は何でしょうか。
   
マンションの火災保険・地震保険の対象は建物の共用部分と専有部分です。
一般的に共用部分の火災保険はマンション管理組合で契約し、建物の専有部分および家財の火災保険は各所有者が契約します。
なお、地震保険は単独契約はできず、火災保険の付帯契約になります。地震保険に加入していないと、地震や津波、噴火などによる損害は保障されません。

まず、お住まいのマンションの火災保険契約および管理規約で保険契約がどのように規定されているかを確かめてください。地震保険は、火災保険の契約途中から加入できるので、現在の保険に付帯して加入するとよいでしょう。

一般的に、各所有者は専有部分と家財の保険契約を、各自で行います。
地震保険は、主契約である火災保険の半分しか契約できません。また、補償上限額が建物は5000万円、家財は1000万円となっています。
自家用車や1個・1組の金額が30万円超の貴金属や美術品など(火災保険の明記物件)は、地震保険の家財の補償の対象になりません。

地震費用保険(地震被災者の生活再建費用)や地震保険に上乗せする商品も発売されていますが、住宅ローンに加えて保険料の負担が重くなりすぎては家庭経済が破たんしますから考えものです。

なお、住宅火災保険、住宅総合保険などの住まいの保険は、昔とは大きく変わっています。加入している方でも、一度見直しをすることも大切です。以前は保険会社の商品はほぼ同じ内容でしたが、現在は会社によって保障内容が少しずつ異なります。
また、大手損保が新しく発売している保険はほとんど「新価・実損払い」です。以前は、住まいの評価額に見合う保険金額を算出する時価契約が主流でしたが、最近の保険商品は、同等の家や家財を入手する費用を補償(新価)するために実損額を支払うという考え方です。