マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



大規模修繕や改修について

分譲マンションに住んでいます。フローリングのリビングを床暖房にしたいのですが、どうすれば実現できるでしょうか?
   

まず、お住まいの分譲マンションではフローリングの床暖房工事が許されるかどうか、確認する必要があります。第一に管理規約を読み、工事ができる可能性を確かめます。その上で、工事内容を具体化して、管理組合に工事が可能かどうかを確認しましょう。
床暖房工事は共用部分にも及ぶ工事を含むので、事前の管理組合との合意が欠かせません。

床暖房には大きく分けると、温水式と電気式があります。

ガスの床暖房は温水式です。工事は温水ボイラーを設置する工事と、床に温水を通すパイプを敷く工事の2つが必要です。そのため設置費用が高くなります。

既存の給湯器を床暖房機能付き給湯器に交換するか、別置きの温水ボイラーを設置します。設置スペースがあるか、ガス使用量が増加することに対して建物全体のガス供給管が対応できるかどうかもチェック事項です。床暖房用のお湯が往復する給湯管を通す工事も発生します。

床は、既存のフローリングをはがして床暖房仕様のフローリングに張り替えるか、既存の床の上に温水マットを設置し、仕上げ材を張る方法があります。既存の床の上に設置する場合は、既存の床より床面が1〜2センチ高くなってしまいます。これによってドアの開閉ができなくなる場合もあるので事前の検討が必要です。張り替えの場合も、床面の高さが変わらないかを確認しましょう。

電気の床暖房は、温水式と電気式があります。室外の大気の熱をするヒートポンプ方式の温水床暖房が主流になりつつあります。やはり外部に設置する設備ならびに床の工事が必要です。

電熱線のシートを床下に敷き込んだり、内部に電熱線を組み込んだフローリングに交換する電気床暖房もあります。こちらは工事もかんたんで、床の高さをほとんど変えずに取り付けられるのが利点です。ただし、使用電気代金がかさむので、より手軽な電気カーペットと比較されるケースが多いようです。