マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



その他

私が住んでいるマンションには、浴室の入り口のパネルに24時間換気のランプがあり、いつも点灯しています。オフにしてはいけないのでしょうか。また、姉の住むマンションにはこのランプはありません。この違いは何でしょうか。
   

気密性の高いマンションには各戸に24時間換気システムが導入されています。これは、浴室やキッチンの換気扇とは別に、常時ゆるやかに給気と排気を行い、住戸内の空気を入れ替えることを目的にしています。したがって、常にオンにしておくのが正しい使い方です。

マンションの住戸内の空気すべてを2時間に1回新鮮な空気と入れ替える能力を持つ「機械換気設備(24時間換気システムなど)」の設置が義務付けらたのは、2003年の建築基準法改正からで、これ以後、新築マンションには設置されるようになりました。
当時問題になっていたシックハウスの対策として導入されたものですが、換気は健康上好ましく、結露対策にも有効です。

24時間換気システムには、給気と排気の両方を機械で行うもの(第1種換気方式)、給気を機械換気、排気を自然換気とするもの(第2種換気方式)、逆に給気を自然換気、排気を機械換気とするもの(第3種換気方式)の3種類があります。住居では第1種か第3種の換気方式が採用されていることが多いようです。

第1種は安定した換気が行われますが、ランニングコストが第3種に比べて高くなります。
一般的な第3種換気方式は、外壁に面した壁面などに設けた給気口から直接あるいはダクトを通して外気を取り入れ、洗面所の天井などの排気口から屋外に空気を排出します。居室壁面の「給気口」は円形や角型のフタが付いており、手動で開閉調節ができるようになっています。常時換気のためには、常に開けておくべきものですが、冬季や夏季の外気温との差が激しい時間帯や強風の日は開口幅を狭めたり、一時的に閉めることもできます。給気口をぴったり閉じても排気口は稼働するので、気圧が下がると給気口が自動的に少し開く差圧式給気口が採用されています。