マンション管理の東洋グリーン建物株式会社
東洋グリーン建物株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17番41号 赤坂アネックス3F TEL:03-6862-7511
お問い合わせ
トップページへ戻る  

東洋グリーンのサービス   マンション管理の知識   マンションの住環境   生活カレンダー


マンション管理の知識


マンション管理Q&A


Q&Aトップページへ戻る 直前の部分へ戻る



その他

ガス給湯器の耐用年数はどのくらいでしょうか? 浴室とキッチンと洗面所に給湯しています。10年前の新築時に設置されたものを今も使用しているので、そろそろ壊れるんじゃないかと心配です。
   

ガス給湯器のメーカーは耐用年数10年を目安としていますが、実際には使用頻度によって異なり、15年近く使用されているケースも多いようです。
故障は、基盤の故障や部品の摩耗など、また全体の劣化で起こります。
お湯の温度が上がらない、出るお湯が急にぬるくなったり熱くなったりする、スイッチを入れた時異音がするといった不調は、故障の前兆です。
耐用年数を超えていて、このような不調がある場合は、新品に交換するほうがよいようです。

ガス給湯器の交換には、給湯器本体の購入と取り付け工事の依頼という2つが必要です。
ガス管の接続は必ずガス会社が行います。
新しい給湯器が、旧型と同様の仕様のものであれば交換工事は簡単に済みますが、新機能が付いたものにすると設置が不可能だったり、配管や配線の工事が必要になる場合もあります。設置が可能かを確認すると同時に、給湯器の購入価格と工事費を合わせた費用がいくらになるかも検討する必要があります。
交換は製品の到着と工事日の確保が必要なので多少の期間を要します。

分譲マンションでは給湯器は各戸の専有物です。交換は各戸それぞれで行うのが原則です。
交換時期が近いと思ったら、機種選び、価格比較、工事会社チェックなどの予備知識を収集しておくと安心です。
ガス給湯器は、マンション新築時に全戸一斉に設置したものですので、ほぼ同時期に故障が始まります。管理組合が希望者をとりまとめて、給湯器メーカーと工事業者に交渉する例も少なくないようです。